和光

 

HOME | メガネを綺麗に保つ方法!

メガネを綺麗に保つ方法!

和光の想いとは?

 

  『メガネ文化』を変えるために ・・・
  メガネを常に綺麗にしたいと思える『社会』へ ・・・

 
 現代社会の常識として ・・・ メガネを『水』で洗うという習慣がない。
 洗わない=自分自身でメンテナンスをしないことが世の常となってしまっている。
 理由は、そのことを教えてくれるメガネ屋さんがないからである。
 和光では、その方法と大切さをすべてのお客様へお伝えさせていただいております。

 

1
メガネに付いている 『汗』 『水』 で洗い流す

   メガネはお顔に掛けるもの。
   特に夏場は、メガネにも汗がたくさん付いております。
   この汗、何が問題となるのか? 
   昨今のメガネフレームの素材は『チタン素材』が中心となります。
   実は、このチタン素材、汗に強いのです。
   汗が付いても錆びないと言っても過言ではない素材になります。
   では、なぜ汗を取りたいのか? 理由は、下記の3点にあります。
    ❶ カラーメッキを傷めないため
    ❷ ネジを傷めないため
    ❸ プラスチック素材を傷めないため(昨今は、アセテート素材が主流)
   基本的には、チタン素材は(金属の地金は)銀色になります。
   しかし、メガネフレームには様々なカラーメッキを施しております。
   このカラーメッキ(メッキの方法も様々)を傷め・剥がれたりさせないためにも汗をずっと付着させるというのはメガネにとって良くないことになります。
   また、ネジに関しては、チタン素材を使用することができません。
   基本的には、ネジは汗によって錆びると思ってください。       
   (メガネに使われるネジは様々。
   錆びにくい素材も出てはきておりますが、錆びにくいというだけであって錆びないネジはない) 
   ネジが錆びる=ネジの緩みへと繋がっていきます。
   そして、最近では金属のフレームだけではなく、プラスチックフレームが多くなっております。俗に言う『セルフレーム』です。
   (正確にはアセテート素材が主流)
    この素材も大変『汗に弱い』と言えます。
    金属フレームと違って剥がれるというよりは、変色へと繋がってまいります。
    これは、金属(メタル)フレームにも付いている『先セル(耳の部分)』にもプラスチック素材が使われることが多いので、同様のことが言えるのです。
  
   『汗の量 と 質』は、体質によっても異なりますが、誰しも夏場は汗をかきやすい時期になりますので、メガネの痛みが激しい時期になります。
   しかし、夏場だけ『水洗い』をし、汗をかきにくい冬場は水洗いをしないとなると習慣となりません。習慣付けるためにも時期に関係なく
   水洗いをしっかりと行うことを和光ではオススメしております。
   では、水洗いはいつ・どのタイミングで行うと良いのでしょうか? 

2
メガネは、 『毎日・夜』 に水洗いを行なってください

   メガネを水洗いするという方の中で非常に多いのが、出かける前『朝』に洗うという方が多いようであります。
   朝洗うことが悪いというわけではありませんが、夏場に関しては間違いなく朝よりも夜の方がメガネの痛みを少なくすることが できると考えております。想像してみてください。
   夏場、汗をかきやすい時期に汗がたくさん付いているメガネを洗わずに枕元に置いておく行為を。
   お出かけ前にメガネを洗っても、すぐに汗は付きます。
   実はメガネに汗を付着させない時間は、寝ている時しかないのです。
   その時間において、1日の汗をそのまま放置するという行為は良くないと和光では考えております。
   
   そしてもう一つお伝えしたいことがあります。
   特に夏場は、夜・シャワーを浴びてから寝られる方がほとんどだと思いますが、
   ご自身の体についている汗をシャワーなどで流した後に、汗が付いているメガネを掛ける行為は ・・・
   これが、和光が考えている『メガネ文化改革』であります。    
   また、夜の水洗いだけではなく、スポーツ(ゴルフ・テニス・ジョギング)などをされた後は、夜まで待たずに、すぐに水洗いをすることをオススメいたします。 

   では、なぜ毎日行う必要性があるのか? もちろんより綺麗にするためにという理由が一番ではありますが、実は簡単に済ませたいから毎日行っていただきたいのです。
   夏場、3日に一回とか、一週間に一回の水洗いしかされないと表面の汚れさえ水洗いだけでは取れないのです。
   手でこすったり、中性洗剤を使用したりと毎日の水洗い以上に手間がかかると考えています。
   毎日、メガネ全体に水を通すだけ。おそらく10秒もかかりません。
 
   ここまでは、メガネフレームに関して綺麗にする方法をお伝えさせていただきましたが、次にメガネレンズに関して説明をしてまいります。

3
メガネレンズも同様に!

   昨今、メガネレンズはプラスチックレンズが主流となり、傷が付きにくいレンズの開発も進んでおります。
   昔ほどプラスチックレンズでの傷がつきにくくなってきていることは間違いがありません。
   しかし、レンズが汚れたからといって、『乾拭き』をされていると、数ヶ月後、数年後にはレンズに擦り傷というものが目立ってまいります。 
   これが酷くなると、肉眼でも分かるような傷となります。
   では、どうやってメガネレンズについた汚れを取るのか? メガネフレームと同様に『水洗い』にて埃や汚れを取っていただくことをオススメいたします。
  
   埃を擦る行為は、レンズを傷めます。和光では、メガネ拭きと言われる『通称:セリート』でのレンズ拭きも行わないようにとの説明を徹底しております。
   どのようなものでも、レンズを擦れば数ヶ月後、数年後に傷となってくるのです。
   セリートでレンズを擦れば、すべての汚れがセリートに付いているのです。汚れたセリートで拭くと益々レンズに傷が付くとなります。
   水で埃・汚れを取ってから、一回で捨ててしまう『ティッシュ』にて水を拭き取ります。
   このようにすると、メガネレンズは度数が変わるまで、常に傷のない状態を保つことができるのです。

   メガネを綺麗に保つ方法とは ・・・ 『毎日の夜の水洗い』 を行うこと  と  『レンズの乾拭き』を行わないこと。
  これだけで、ずっと綺麗な状態を保つことができるのです。上記内容は、和光にご来店のすべてのお客様にお伝えしております。
  和光からすべての方が、メガネにおける考え方が変わっていただけることを望んでおります。
  メガネをいつまでも綺麗にすることは、様々な効果が出てまいります。 
  傷んでいるメガネは、しっかりと調整さえもできないことがあります。また、レンズ交換をお断りする場合も出てまいります。
  街を歩いているすべての方が綺麗なメガネを掛けていることがあたり前の世の中になることを和光は切に望んでおります。